痛風とプリン体の関係について

私たちが口にしている多くの食べ物にはプリン体が含まれています。細胞の核を構成する成分のこといいます。従って、食品によって含まれる量は異なります。食品から体内に入ったプリン体は、肝臓で分解されて、その時に尿酸を作ります。尿酸は、血液の中では、溶けにくい性質であるため、身体にスムーズに流れないときがあり、血液中に沈着します。この結果、血液の中の尿酸の濃度が高くなると痛風にかかりやすいです。痛風にならないためには、食事の制限などが必要です。

膝の痛みの原因はなんでしょう

膝の痛みは突然起こります。決まった時間に起こるわけでもないし、痛みの持続時間もバラバラです。その原因は歩きすぎや運動のし過ぎだけではありません。実は体重の増加が原因なんです。体重の増加は物理的に膝にかかる重さが増えます。そして増えた重さが同じ運動量でも膝に負荷をかけてしまい、膝の痛みが起こります。飲み薬や注射で痛みを抑えるのも良い方法ですが、ダイエットというもともとの原因を解決する方が根本的な治療法です。

© Copyright 健康維持に気を使うこと. All rights reserved.