1杯の飲酒は健康へと導きます

体の為にアルコールを摂取しないという人もいますが、実は1日1〜2杯程度であれば、健康に良いと言われています。飲酒することにより、心臓病や脳卒中、前立腺肥大症の危険性を低下させるまでも研究でわかっており、適度の飲酒であれば全く飲酒しない人よりも心臓病の急死率のリスクが低いとも言われています。あくまで1〜2杯程度を飲むことでの研究結果なので、飲みすぎてしまうのは健康を害してしまうので十分に気を付けなければなりません。ビールには発がん物質の突然変異原を抑制する働きがあり、赤ワインにはコレステロールの蓄積の防止といった、アルコールに含まれている成分により体に良い影響やリラックス効果を与えるものもあるので、お酒とうまくつきあっていけるのが良いでしょう。

程よいアルコールは健康に良い

アルコールは健康に悪いと思われがちですが、飲み方によってはそうとも言えません。それぞれのお酒には様々な成分は入っており、それによって体への効果も期待されています。例えば、ビールにはビタミンB1やB2、葉酸が入っていることでビタミンを得ることが出来ます。夏には脱水とともにビタミンも不足になるのでビールを飲むことで、失われたビタミンを増やせるので健康にもつながるというわけです。十分に汗をかいた仕事から帰っての一杯は理に適っているとも言えるでしょう。しかしながら飲みすぎるのは良くありませんし、脂っこいものと一緒に摂取すると太る原因へとなってしまいますので、1日1杯程度にし、ほどよく飲むことが良いと言われています。

© Copyright 健康維持に気を使うこと. All rights reserved.