心療内科を受診してみる

思春期の子供たちは、大人たちが考えるよりもたくさんのストレスや人間関係などに悩みを抱え苦しんでいます。心療内科を受診している人も年々増えています。ふとした出来事が引きこもりや、自傷行為などの問題行動、拒食症や過食症などに見られる摂食障害、抑うつや躁うつなどの精神障害などにつながり、長期に及ぶケアが必要になるケースも少なくありません。ですが、そういった子供たちの症状は、心療内科を受診することによって症状の軽減、改善がみこめます。無理したり、我慢したりせずに受診してください。

© Copyright 健康維持に気を使うこと. All rights reserved.