血液検査で診断できる肝機能障害

肝機能障害とは、肝臓の各種機能が低下している状態のことを言い、多くは血液検査によって診断することができます。血液検査で測定される、ガンマGTPは体内にある酵素で、主にアルコールの過剰摂取や胆道の疾患等が数値悪化の原因となり、ASTは細胞で製造される物質で、臓器内に多く見られますが、疾病などにより肝細胞が破壊されると血液中に排出されます。同様にALTはエネルギーの代謝に必要な物質で、血液中に排出される原因はASTと同じです。このため、定期的に血液検査を実施することは、肝機能障害の早期発見に繋がります。

高血圧の病気について

高血圧とは、運動をしていない安静にしている状態の時の血圧が、慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。高血圧の症状は、主に肩こりやめまい、耳鳴り、動悸、手足のしびれや、頭が輪っかのようなひもでくくりつけられたような痛みを伴います。治療法は、発覚してから最初の3ヶ月程度は、アルコールやたばこの減量、運動や減塩などを行い様子を見ます。改善が見られなければ、薬物治療が始まります。血管に負担がかかるために、合併症として動脈硬化を起こしやすくなるので、定期的な運動や食事に気をつけてます。

© Copyright 健康維持に気を使うこと. All rights reserved.