無理なく手軽にできる健康法

ウォーキングは無理なく手軽にできる健康法になっています。特別な器具などは必要ないですし、どこでも出来るようなものです。日常生活に取り入れて実践することも可能なので、忙しい人にも適したものです。1日に1万歩以上歩けば、ダイエット効果と足腰を鍛える効果が期待できます。最寄りの駅までバスや車で行っている人は、歩いていくようにするだけで、かなりの運動量を確保することができることでしょう。とても健康的で無理のない運動になりますが、膝の負担になることはあるので、ウォーキングシューズだけは購入した方が良いです。

健康に役立つウォーキング

健康な体でいるために必要な事は、バランスのとれた食事、十分な睡眠、そして継続をした運動です。食事や、睡眠は意識して、日常生活に取り入れる事が出来ますが、運動を日常生活に取り入れるのは、大変です。しかし、一番手軽に始められて、継続できる運動は「歩く」と言う事です。その歩く動作を意識的に形を整えるとウォーキングになります。歩く姿勢出大切な事は、まず、目線は4〜5m先に置く事です。次は胸を張って背筋を伸ばす事です。肩の力を抜いて腕は前後に大きく振りましょう。足は伸ばして、かかとから着地しましょう。歩幅はできるだけ広くが原則です。正しい歩き方は、足、腰の関節を鍛え、筋肉も鍛えます。そして、これを行う事は全身運動ですので、健康な体の状態を保つ事が出来るのです。

© Copyright 健康維持に気を使うこと. All rights reserved.